リハビリテーション学

 

リハビリテーション学
大学院教授代行

大久保 善朗 大学院教授

リハビリテーション医学の未来への創造性
 

リハビリテーション医学は、疾患単位ではなく障害を中心に横断的な診療を実施する分野です.実は古くからある医学ですが、日々発展途上にある医学であり、未来への創造性にあふれる医学といえます。後療法という古い概念から脱却して、障害の治療、予防に関し多面的にアプローチを行う医学といえます。

リハビリテーション医学の具体的な理念としては
1) 早期から障害に積極的に介入することで障害の予防・改善を図る
2) 様々な職種とのチームアプローチにより多岐にわたる様々な障害の機能改善を最大限まで試み、ADL、QOLの向上を図る
3) 従来は改善困難であった機能障害に対して新たなリハビリテーションの方法開発に果敢に挑戦する
といったものがあります。

日本リハビリテーション医学会専門医資格取得をファーストステップとして、臨床、研究の分野でリハビリテーション医学・医療の底上げを担うリハビリテーション医の育成を行います。リハビリ科専門医がカバーする領域は保健・医療・福祉分野に至るまで幅広く,その専門性と役割はきわめて広いという特殊性があります
具体的臨床内容としては、理学療法、作業療法、言語聴覚療法の評価・処方、義肢・装具の処方・作製臨床筋電図検査、嚥下造影検査(VF)、筋痙縮コントロールのボトックス治療、排便障害のリハビリテーション、を積極的に行っています。リハビリ科医師として関連診療科と密に連携しながら専門性を発揮できる臨床医育成を目指します。
常に臨床研究を通じて脳の可塑性の研究、治療的電気刺激などの新しいリハビリテーションアプローチを模索しています。

具体的な研究テーマとして
1. Rehabilitation robot、Neuroprosthesis、brain machine interfaceの開発
2. 脳機能再構築促通による麻痺改善
3. 脳機能イメージング(NIRS,脳磁図etc)を基にした脳可塑性評価
4. 急性期リハビリテーションの効果・安全性
5. 高齢者・障害者の体力医学
6. 高次脳機能障害、認知機能障害の解析
7. 排便・排尿障害のリハビリテーションに関する臨床研究
などについて、医学的アプローチにとどまらず、医工連携、産学連携を通して理工学的視点も取り入れた多角的アプローチを目指しています。リハビリテーション医学において、特に医工連携が重要かつ発展性が高い分野であり、日本医科大学が提携を結んでいる各大学との研究連携を深めてゆくことを目指しています。
このように未来への創造性あふれるリハビリテーション医学を発展させるべく、共に頑張ってまいりましょう。

pagetop