生体機能制御学

 

生体機能制御学 

南 史朗 大学院教授

主な研究内容

1. ホルモンの作用機構の解析:細胞分化・増殖と細胞内シグナル伝達
2. 神経ペプチドの中枢作用の研究:植物機能と動物機能の統合
3. 代謝・栄養状況を伝達・調節する神経ペプチド機構の解明:metabolic link
4. 視床下部−下垂体−副腎系の研究:病態生理学的研究
5.動脈硬化・肥満の病態生理の研究

pagetop