分子細胞構造学

主な研究内容

1. ケロイドの発症機構の解明と治療への応用
2. 血管の口径サイズを決定する形態形成機構の解明
3. 救命治療の効率を高める迅速かつ簡易な診断方法の開発
4.スタチンによる脳卒中発症リスクの低下とその作用機序の解明 

pagetop