整形外科学

 

整形外科学 

高井 信朗  大学院教授

整形外科学とは、筋骨格支持組織すなわち運動器を対象にし、筋骨格系組織の外傷、スポーツ障害、加齢に伴う変性疾患、感染、腫瘍、先天性疾患を保存的(非観血的)あるいは手術的に治療する外科系分野の一つである。
 

卒前教育

 医師として最低限必要な知識、技術、姿勢(心構え) が身に付く、きめ細かい臨床教育を行っている。
 具体的には、単なる知識•技能の習得や診療の経験にとどまらず、医療現場で必要な診断•治療等の思考力•対応力を養えるように、基礎学力を重視している。講義においては写真、動画を使って分かりやすく説明し、記憶に残る講義を行っている。また、資料を充実させ、予習、復習を効率よく行えるようにしている。
 実践を学ぶ上でBSL(Bed Side Learning)が重要で、できるだけ教員と学生が一対一で接することができる環境を作り、患者中心の医療の実践、安全性への配慮、信頼される人間関係、課題探求、問題解決能力が習得できるカリキュラムを構築している。すなわち、学生のモチベーションを高め、その能力を伸ばす教育環境作りこそが最も重要であると考えている。
 これらの過程を通して、医学を学ぶことは勿論であるが、医学を学ぶことの面白さを学生に伝え、明日について語り合い,社会のニーズに応えられる医師を育むことを目標にしている。


卒後教育

 専門医受験資格は学会入会後6年である。その期間内で専門医として必要な知識•技能の習得、診療経験を得ることができる。大学、学外地域医療機関の研修で、大学を中心とした医療ネットワークの中で卒後教育を行っている。また、この間に大学院への進学も可能である。整形外科専門医資格を得た後に、さらに細分化された専門領域の専門家として研鑽を積むことが可能で、大学での研修、国内留学、海外留学などの選択肢がある。
 生涯教育については定期的な勉強会が開催されているが、単に整形外科の領域に留まらず、卒業以来、触れることの少ない他科の知識を学ぶことも重要であると考えている。
 

pagetop