外科学(消化器外科)

 

外科学(消化器外科)/消化器外科学

内田 英二 大学院教授

消化器外科および一般外科、乳腺外科、移植外科を専門とし、常に患者さんの立場を考える医師を養成する目的で卒前教育、卒後研修を行っている。

 

2年間の初期臨床研修プログラム後の3年間の後期臨床研修期間に、臨床医としての基本的知識、技術およびプライマリーケアとともに、一般外科、消化器外科研修を行う。卒後6年目で日本外科学会専門医の資格を取得する。

 

研修期間を通じて、外科手術手技の研修にとどまらず、一般消化器疾患を取り扱う上で必須の消化管造影検査、内視鏡検査、超音波検査などの基本的診断手技も習熟する。その間大学院を含め、2〜3年の臨床医学、基礎医学研究に携わり、希望があれば国内あるいは海外留学の機会を与えて視野を広げ、卒後10年でgeneral surgeonとしての研修を修了する。

 

臨床では消化器癌、乳癌の集学的治療、腸閉塞など腹部救急疾患、鏡視下手術、肝臓移植などの診療を積極的に行っており、基礎研究では手術侵襲、創傷治療、癌の集学的治療を中心とした研究を行っている。

 

講座では一般外科学をしっかりと身に付けた上で、さらに専門分野を深めることのできる能力を持って、社会に貢献できる医師の育成を目標としている。

pagetop