生化学・分子生物学(分子遺伝学)

 

生化学・分子生物学(分子遺伝学)/分子遺伝医学 

岡田 尚巳 大学院教授

 分子遺伝学は、生命現象や病態を分子生物学的研究から理解する学問です。最新の遺伝子解析技術による遺伝子診断により、従来は原因不明だった疾患の責任遺伝子が次々に発見され、根本的治療の研究も積極的に推進されています。実際、遺伝子を使って病気を治療する遺伝子治療薬が、海外では医薬品として販売承認される時代となっています。同時に、遺伝カウンセリングの社会的重要度も高まり、あらゆる分野で分子遺伝学的な病態の理解が求められます。このため将来優れた医療人として活躍するためには、分子病態や研究動向を正しく理解し様々な場面で適切に説明できる応用理解力が必要です。分子遺伝学においては、遺伝子操作技術の発展に至る遺伝子研究の歴史的流れや病態解析の成果を、重要な研究成果や技術革新を中心に概説し、分子遺伝学における基本原理の理解と研究へのアプローチの習得を目標とします。

 

 大学院医学研究科(分子遺伝医学分野)では、難治性疾患の分子病態解析と同時に、治療用ウイルスベクターや細胞製剤の開発、遺伝病や癌に対する遺伝子細胞治療法への応用を主要研究テーマとしており、当該分野の若手研究者の育成にも努めています。特に遺伝子細胞治療に応用が期待されているAAVベク

ターや間葉系幹細胞について独自の技術を開発しており、産学

連携による実用化を積極的に推進しています。

 

 

pagetop