生化学・分子生物学(代謝・栄養学)

 

生化学・分子生物学(代謝・栄養学)/代謝・栄養学 

折茂 英生 大学院教授

 生化学・分子生物学は生命現象を分子レベルで研究する科学であり、現代医療のあらゆる局面で分子レベルの理解は欠かすことができません。私たちの生化学・分子生物学(代謝・栄養学)教室(旧生化学第一講座)は1936年の創設以来80年近くに亘り、多くの指導的な生化学者を輩出するとともに、臨床から大学院生・研究生を受け入れ優れた臨床研究者を育ててきた伝統ある教室です。現在は医学部2年生の生化学講義・実習、栄養学講義、3年生の基礎配属などの担当を通じて、医学生に分子レベルの医学の基礎とその臨床的意義を教育し、将来の医師に必須の知識と考え方を身につけてもらうことを目指しています。大学院分野(医学研究科代謝・栄養学分野)としては、組織石灰化の分子機構とミネラル代謝を中心に研究を展開し、この分野の指導的人材の育成を目指します。大学院生・ポストドクターとして、一緒に研究に参加しようとする方を歓迎します。

 

卒前教育

 分子レベルでの生命現象の理解は、基礎医学として必要なだけではなく、今日の臨床医学には欠かすことができません。当教室では、第2学年の「生化学A」(「生化学」、「栄養学」から構成)を担当し、分子レベルでの医学の基本を教育しています。
 「生化学」では、生体構成物質の構造と機能、代謝の動態を中心にして、代謝異常の病態の基本の理解までを目標としています。また、実習を通して生体構成物質や酵素の性質について、手を動かすことにより方法論を含めた理解を目指しています。
 「栄養学」では、分子・細胞レベルでの代謝を基に、個体レベルでの栄養機能の知識を身につけ、さらに生活習慣病予防のための栄養の重要性、臨床栄養の基本を理解することを目標としています。
 また、第3学年の「基礎配属」では、セミナーや実験を通して、現代のトピックをより深く理解することや実験研究の面白さを体験することを目指しています。

卒後教育

 大学院では、分子レベルの代謝学・栄養学に基づき、医学的諸問題を解決できる能力をもつ医学研究者の養成を目標としています。教室で行っている研究は多岐にわたりますが、大学院では組織石灰化の分子機構とミネラル代謝、特にアルカリホスファターゼの分子レベルでの解析、石灰化における基質小胞のオミックス解析、血管壁の異所性石灰化の分子機構を中心とした研究をテーマとしています。

pagetop