解剖学(分子解剖学)

 

解剖学(分子解剖学)/分子解剖学 

瀧澤 俊広  大学院教授

卒前教育

 人体解剖学は、優れた臨床医師と医学者となるための基盤として、ヒトの体がどの様な構造になっているのかを学ぶ学問です。人体構造の理 解を深めることなくして、ヒト臓器の正常な働きの理解、病気の診断治療、ひいては病める人を癒すことはできません。本講座での学習は、メスとピンセットで 人体を解剖する肉眼解剖学(上下肢と骨盤部)と、顕微鏡を用いてヒト臓器の微細構造を学ぶ分子解剖学です。臨床を意識した解剖学講義実習を通して、人体構 造の多彩な精妙さの中から真理を見出し共感するとともに、自ら学ぶことの習慣を身につけることを目指しています。解剖学講義実習、基礎配属以外にも積極的 に学生を受け入れ、学生が形態学の面白さや、基礎医学の楽しさをより深く学べる機会(少人数制セミナー等)を生み出していきたいと考えています。   


卒後教育

 解剖学者(あるいは細胞生物学者)を目指す大学院生に対し、研究遂行能力に加えて医学教育に必要な能力を養い、形態学の将来を担う優 秀な人材の養成を目指しています。また、関連病院も含めた臨床部門から研修医・研究生・大学院生を積極的に受け入れ、研究者が必要とする形態学的研究法習 得のためのお手伝いをしたいと考えております。

pagetop