外科学(乳腺外科)

 

外科学(乳腺外科)/乳腺外科学

武井 寛幸 大学院教授

歴史を紐解けば日本医科大学付属病院に乳腺科が誕生したのが2008年5月です。その3ヵ月前に付属病院はがん診療連携拠点病院に認定されました(乳癌は5つの癌の一つとして厚労省の対がん戦略の一つに組み入れられています)。初代教授として芳賀駿介先生が東京女子医科大学東医療センターから招聘されました。その4年後、2012年4月、日本医科大学大学院に乳腺外科学分野が誕生しました。診療、教育、研究という3本柱が揃った新しい教室が産声を上げました。2013年4月から私が芳賀先生の後任を引き継がせていただいています。


日本医科大学4病院のうち、千葉北総病院では乳腺科が2014年4月に誕生し、2015年4月から飯田信也先生が教授に昇任いたしました。武蔵小杉病院、乳腺外科では2015年4月から蒔田益次郎先生が教授としてがん研究会有明病院から赴任されています。多摩永山病院では横山 正講師が長年にわたり多くの患者さんの診療を担当されています。日本医科大学付属病院に限ってみても、1年間の手術件数は2013年と比べ、翌2014年でおよそ30件増え200例に届く所までになりました。


一方、日本医科大学の特定関連病院である博慈会記念総合病院には、われわれ教室員の派遣という形で、2013年から乳腺科が新設され、2015年から外来日を週1日から週2日に増やし、区のマンモグラフィ検診も引き受けるようになりました。


2015年8月現在、乳腺外科学教室の所属医師は以下の通りです。教授3名(武井寛幸・付属病院、蒔田益次郎・武蔵小杉病院、飯田信也・千葉北総病院)、客員教授1名(伊藤良則・がん研究会有明病院)、准教授1名(山下浩二・付属病院)、講師2名(横山 正・多摩永山病院、柳原恵子・付属病院)、助教5名(中井麻木・付属病院、金谷洋平・付属病院、鈴木えりか・付属病院、関 奈紀・多摩永山病院、保科淑子・武蔵小杉病院)、大学院生1名(岩崎美樹)、大学院特別研究生4名(二宮 淳・嘱託医として診療も担当、浅川英輝・嘱託医として診療も担当、鈴木真彦・北村山公立病院、久保和之・埼玉県立がんセンター)、海外留学1名(栗田智子)。


日本医科大学4病院に特定関連病院である北村山公立病院を加えた5病院で、講演会、勉強会、臨床研究などを共同で行っています。また、症例登録の書式の統一化を図り、治療内容や予後を把握し、共同研究がより潤滑に実行できるよう環境を整えています。

 

pagetop