内科学(内分泌糖尿病代謝内科学)

 

内科学(内分泌糖尿病代謝内科学)/内分泌糖尿病代謝内科学

杉原 仁 大学院教授

 内分泌糖尿病代謝内科学分野はホルモンの異常による内分泌疾患に加えて糖尿病、脂質異常症、肥満症などの代謝疾患を診療する広範囲にわたる分野です。糖尿病、脂質異常症、肥満症の患者が圧倒的に多く、その中から内分泌疾患(クッシング症候群、先端巨大症、甲状腺疾患、アルドステロン症、褐色脂肪腫など)を診断するのが現状です。従って多岐に渡る知識、経験が必要となり、院内の内分泌外科、脳神経外科、泌尿器科、消化器外科、放射線科、女性診療科などと連携し、最高のレベルで患者の診断、治療にあたっています。その過程で生まれる疑問点、課題について基礎的研究、臨床研究をすすめ、国内外の学会、学術誌に発表してきました。
 教育に関して当分野は内科の重要な分野を占めるため、卒前教育では基礎医学の知識の再確認、最新の医学情報の提供、興味をひく講義を心がけています。BSLでは上級医の下で入院患者の診療に加えて、外来患者の診療にも参加させ、より実践的な知識の習得に心がけています。卒後教育では今後、避けては通れない、糖尿病の診療について強調し、指導医の下、診療に加えて、カンファランスへの参加、プレゼンテーション、学会発表を経験し、各専門医の取得を目指しています。希望者は大学院に進み、課題を追究することも可能です。

pagetop